刀剣の情報が満載!

刀剣はオークションで売却するのがオススメ?

刀剣はオークションで売却するのがオススメ? 刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
刀剣と言うのはコレクターの人が落札する事が少なくないですが、こういったコレクターの人は落札する際に費用の上限を無くす(上限の幅を大きくもたせる)人も少なく有りません。
従って、刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
日本最大級のオークションでは2017年8月に1千万以上の価格も付いています。
数千万円の価格が付くのは稀だとしても数百万円程度で有れば商品の価値が有れば普通に付いています。
その際に注意したいのが、「最低落札価格」制度を利用したり「落札価格の最低限の価格」を決める事です。
そういった制度等を利用せず例えば1円から出品した場合には思わぬ低価格での落札に繋がる場合も有ります。
その場合には、定額で販売した方が良い位です。
刀剣の場合武器になるとの理由や法律により業者によっては出品制限がある業者も有るので出品する前に一度細かな事を聞いて出品出来るかどうかを確認した方が良いです。

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要?

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要? 刀剣にはその由緒来歴を記している何らかの文書や箱などが付属している場合があります。
また、これとは別に刀剣の鑑定家が調べた鑑定書が付く場合もあります。
これらは刀剣を売却する際には特に必要なものではありませんが、あった方がより高い値段で売却出来る可能性が高くなります。
これは骨董品などに言えることですが、持ち込んだ店の担当者が商品を適正に価値判断出来るとは限りません。
全てに精通した鑑定家というのはいないのです。
従って、刀剣でもその実物を見ただけで価値を理解してもらえるとは限りません。
鑑定書があれば、いわば価値の証明書ですから、それだけ安心して値段が付けられるわけです。
もちろん、鑑定書というのは近代になってから出来たものですから、例えば家に古くから伝わるもので世間に出した事がないのであれば、そもそも鑑定を受けたことがないという場合もあり得ます。
その場合でもしっかりしたお店で見せれば価値は分かってもらえますので、鑑定は必ずしも必要とは言えません。

新着情報

◎2017/9/22

オークションで売却
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

「刀剣 鑑定」
に関連するツイート
Twitter

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

返信先:@sudachiiiiiii まじですかwwwwwwwwwww テレ東の音響は絶対オタスタッフが複数いますよねw懐かしいゲームから最新のアニメまでがんがんつかわれてるし、なんでも鑑定団では良く刀剣乱舞花丸や活撃の曲あるしw

さっきまでやってたテレ東のなんでも鑑定団のめんつの歴史番組録画して見てるんだけど映画刀剣乱舞の曲がちょいちょい出てくるw

返信先:@Kobusi666 21日は刀剣鑑定の師匠宅にて刀剣鑑定の勉強、22日は居合術個人指導、23と24は東京道場直伝稽古、25日は刀剣の仕入れ、今日は個人指導と忙しいスケジュールでした。 因みに23日の稽古には、某芸能人もプライベートにて稽古に参加され、皆で楽しく稽古しました。

なんでも鑑定団のスペシャルみたいなの見てるんだけど、BGMが映画刀剣乱舞だったり大河ドラマ秀吉だったりでかっこいい

なんでも鑑定団のBGMに「映画刀剣乱舞」の楽曲使われてたぁあーーー!!!!!!!!

先日初めて美術刀剣の入札鑑定というものをやってとても楽しかった。ガラス越しで刀を見るのと実際に持って光にかざして見るのとでは見えかたが全く違って驚き

4月の刀剣会のお知らせです! 「入札鑑定toukenkenkyu.com/nyuusatu という、歴史ある勉強方法で刀について学んでいます。刀に触れたことがない、知識がなくても全然大丈夫です!初心者の方には西東京をおすすめしています。みなさまのご参加お待ちしております!toukenkenkyu.com/application pic.twitter.com/1UQpINKyMC

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

同時に刀剣講座(しかも無料だなんて腰抜かす)も参加してきたのですが、刀剣鑑定をされていらっしゃる方や刀剣保存協会の方から貴重な話をお伺いできて、本当に勉強になりました。 実際に刀をお持ちの方や刀鍛冶なさってる方までいらっしゃって、何だこの贅沢すぎる空間は…!?!って隅で固まってた