刀剣の情報が満載!

刀剣はオークションで売却するのがオススメ?

刀剣はオークションで売却するのがオススメ? 刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
刀剣と言うのはコレクターの人が落札する事が少なくないですが、こういったコレクターの人は落札する際に費用の上限を無くす(上限の幅を大きくもたせる)人も少なく有りません。
従って、刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
日本最大級のオークションでは2017年8月に1千万以上の価格も付いています。
数千万円の価格が付くのは稀だとしても数百万円程度で有れば商品の価値が有れば普通に付いています。
その際に注意したいのが、「最低落札価格」制度を利用したり「落札価格の最低限の価格」を決める事です。
そういった制度等を利用せず例えば1円から出品した場合には思わぬ低価格での落札に繋がる場合も有ります。
その場合には、定額で販売した方が良い位です。
刀剣の場合武器になるとの理由や法律により業者によっては出品制限がある業者も有るので出品する前に一度細かな事を聞いて出品出来るかどうかを確認した方が良いです。

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要?

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要? 刀剣にはその由緒来歴を記している何らかの文書や箱などが付属している場合があります。
また、これとは別に刀剣の鑑定家が調べた鑑定書が付く場合もあります。
これらは刀剣を売却する際には特に必要なものではありませんが、あった方がより高い値段で売却出来る可能性が高くなります。
これは骨董品などに言えることですが、持ち込んだ店の担当者が商品を適正に価値判断出来るとは限りません。
全てに精通した鑑定家というのはいないのです。
従って、刀剣でもその実物を見ただけで価値を理解してもらえるとは限りません。
鑑定書があれば、いわば価値の証明書ですから、それだけ安心して値段が付けられるわけです。
もちろん、鑑定書というのは近代になってから出来たものですから、例えば家に古くから伝わるもので世間に出した事がないのであれば、そもそも鑑定を受けたことがないという場合もあり得ます。
その場合でもしっかりしたお店で見せれば価値は分かってもらえますので、鑑定は必ずしも必要とは言えません。

新着情報

◎2017/9/22

オークションで売却
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

「刀剣 鑑定」
に関連するツイート
Twitter

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

そういえばこないだ鑑定団見た時に刀工の家に生まれた昭和初期辺りに活躍した高名な大工道具作る鍛冶師の三年かけて作った鑿に刀剣彫刻の素剣が彫ってあってすごいかっこよかった。

Twitter白神@スパーク委託@s_shirakami

返信 リツイート 昨日 17:51

【求人】 公益財団法人日本美術刀剣保存協会 学芸員(正規職員)募集: 日本刀及び刀装具などの鑑定、資料収集・保存・展示・普及及びたたら操業などの学芸員業務及び付帯関連業務 詳細は当協会HP掲載の募集要項をご覧下さい。 touken.or.jp/news/?itemid=8… dlvr.it/Qkg9ff

Twitterインターネットミュージアム@InternetMuseum

返信 リツイート 昨日 17:15

...沸厚く付いて精美な地鉄に、ふわりと柔らかい感じの匂口明るく冴えた互ノ目と互ノ目丁子を焼いた作品。 現状では指裏はばき元に素人による錆落とし跡と、中央部に小さな刃毀れがありますが、流石は特別保存刀剣鑑定書が交付されているだけあって、地刃の冴えは眼を見張るものがあります。再研磨を考慮した、お求め易い低価格でご案内致しますので、是非この機会に正信の優刀をお求めください。 脇指472(土佐守藤原...

刀剣美術9月号の誌上鑑定投函した。 多分いけるだろう。

返信先:@momowater10love 十虎退は明治天皇の御物ですね。 五虎退を見に来た明治天皇に、亡父の遺愛の吉光と、五虎退どっちが優れてると、刀剣鑑定士に聞いたら、遺愛の吉光の方が優れてるといわれて、上機嫌で其の刀に五虎退より優れてるならば十虎退だなって名付けたそうで。 武勇伝確定したww

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

「幕末明治 女百話(下)」に、首斬浅右衛門の(娘から見た)維新後の話がありました。「御維新後の父は、刀剣鑑定で、貴顕方にも重宝がられ(中略)黒田清隆さんでも、勝海舟さんでも、大久保一翁さんでも、貴公が貴公がと申して、ご持参の刀剣をーーー斬れる刀剣を拝見いたしておりました」 pic.twitter.com/NOXof5Ov8r

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝