刀剣の情報が満載!

刀剣はオークションで売却するのがオススメ?

刀剣はオークションで売却するのがオススメ? 刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
刀剣と言うのはコレクターの人が落札する事が少なくないですが、こういったコレクターの人は落札する際に費用の上限を無くす(上限の幅を大きくもたせる)人も少なく有りません。
従って、刀剣はオークションで売却するのがおススメです。
日本最大級のオークションでは2017年8月に1千万以上の価格も付いています。
数千万円の価格が付くのは稀だとしても数百万円程度で有れば商品の価値が有れば普通に付いています。
その際に注意したいのが、「最低落札価格」制度を利用したり「落札価格の最低限の価格」を決める事です。
そういった制度等を利用せず例えば1円から出品した場合には思わぬ低価格での落札に繋がる場合も有ります。
その場合には、定額で販売した方が良い位です。
刀剣の場合武器になるとの理由や法律により業者によっては出品制限がある業者も有るので出品する前に一度細かな事を聞いて出品出来るかどうかを確認した方が良いです。

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要?

刀剣を売却する際に鑑定書は必ず必要? 刀剣にはその由緒来歴を記している何らかの文書や箱などが付属している場合があります。
また、これとは別に刀剣の鑑定家が調べた鑑定書が付く場合もあります。
これらは刀剣を売却する際には特に必要なものではありませんが、あった方がより高い値段で売却出来る可能性が高くなります。
これは骨董品などに言えることですが、持ち込んだ店の担当者が商品を適正に価値判断出来るとは限りません。
全てに精通した鑑定家というのはいないのです。
従って、刀剣でもその実物を見ただけで価値を理解してもらえるとは限りません。
鑑定書があれば、いわば価値の証明書ですから、それだけ安心して値段が付けられるわけです。
もちろん、鑑定書というのは近代になってから出来たものですから、例えば家に古くから伝わるもので世間に出した事がないのであれば、そもそも鑑定を受けたことがないという場合もあり得ます。
その場合でもしっかりしたお店で見せれば価値は分かってもらえますので、鑑定は必ずしも必要とは言えません。

新着情報

◎2017/9/22

オークションで売却
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

◎2017/3/27

刀剣の手入れ道具
の情報を更新しました。

「刀剣 鑑定」
に関連するツイート
Twitter

朝から暇そうに今月号の刀剣美術読んでます(^0^)押形も一つ一つ味があって面白いな~って思いました。江戸期の押形コレクションとか良いかも。「鑑定刀入札講評」のほうは、兼元みたいに同じ二字銘で沢山いる刀工の鑑定は個人を特定するのは難しそうですね。というか無理なんじゃないかなぁ(笑) pic.twitter.com/y3UVmMOKdM

Twitter濱本 左京大夫雄麿@tooru2014

返信 リツイート 10:39

刀剣美術の誌上鑑定終わったな? 後で類似ないか探してみよう

銘ってその刀剣を形作る逸話や来歴からだったと思うけど、長谷部なんかはそれまで銘しかなかったところに長政さまがわざわざ鑑定して自分の親を見つけてくれて、その名を黒田の刀ということを込みで身に刻んでもらったわけだから、長谷部と呼ばれたがったのは単に信長が命名したからだけでないと思う。

Twitterまっしろしろすけ🌟🌟🌟@kawa_shiro_

返信 リツイート 9:28

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

刀剣などの鑑定書のことを「折紙」というが、確かな品質が保証されているもののことをさす「折り紙つき」という言葉の語源といわれる。

Twitter刀と歴史のネタを呟く審神者bot@katamani328

返信 リツイート 昨日 22:03

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝

今月の刀剣美術の鑑定刀、クセがあるが、あれだな。

我が家に届け出してるかイマイチ怪しい刀剣が一振りあるんだけども、 黒幕さん『鑑定出したら?』 父『無銘のなまくらの可能性があるぞ?』 黒幕さん『そのときはオイラが名前付ければいいんだし』 >>>名前をつける<<<

三好宗渭の刀剣鑑定伝書って『三好下野入道聞書』、『三好下野入道口聞書』、『三好下野入道殿聞書』と紛らわしい名前が3本あって、しかもどれも内容は違う(一部被っている)のか…

無銘の古刀に名匠の偽銘を切って高価な刀剣にみせかける鏨師。その並々ならぬ技術を見破る刀剣鑑定家。火花を散らす名人同士の対決に恩愛のきずながからむ厳しい世界をしっとりと描いた作品。直木賞受賞作『鏨師』平岩弓枝